100

交通事故
被害者救済尽力する


遭ったとき、
弁護士解決を依頼すれば、
多くのケース
されます。

弁護士法人グレイス特長

  1. より多くの賠償金を獲得できる

    損害賠償額の算基準には、「裁判基準」・「任意保険基準」・「自賠責保険基準」の3つがあります。この中で、「裁判基準」に沿って算定する賠償金額が最も高額です。しかし、保険会社は、多くの場合に「自賠責保険基準」で算定した低い金額の賠償金を提示してきます。弁護士にお任せいただければ、最も高い「裁判基準」に沿って賠償金額を引き上げる交渉を行います

  2. 弁護士費用特約・成功報酬制

    ご自身の保険に付帯する弁護士費用特約を利用すれば、弁護士費用が保険から支払われます。相手方の保険会社との交渉のための弁護士費用を、ご自身が加入している保険会社が支払ってくれるのです。また、弁護士費用特約の利用ができなかった場合でも、交通事故事件の弁護士報酬は成功報酬制なので、賠償金を獲得した後に弁護士報酬を支払うことができます

  3. 多くの解決実績と豊富な経験

    弁護士法人グレイスは、交通事故の被害者のサポートに注力しています。多くの案件の豊富な経験があるため、ご相談段階で賠償金額の獲得見込み額を概算で示すことができます。また、事故直後・治療中の段階からご依頼いただければ、賠償金の交渉・訴訟を見据え、治療・検査・保険利用のアドバイス、後遺障害申請も含めて幅広く交通事故被害者をサポートいたします。

事故被害者の方へ

ひとつでも当てはまる方はご連絡下さい!

  • 解決に向けてすべきことがわからない

  • どの保険を使えばいいのかわからない

  • どんな検査を受けるべきかわからない

  • 後遺障害等級認定に納得がいかない

  • 過失割合に納得がいかない

  • 保険会社の示す賠償金額に納得がいかない

解決実績年間100件以上
弁護士法人グレイスにおまかせください

弁護士法人グレイス事故・傷害部は交通事故被害者のサポート対応に特化しています。年間100件以上の交通事故被害事件を取り扱い、確かな実績を築いています。豊富な知識と経験で、交通事故被害者をサポートいたします。

  1. 路上で轢かれたことにより死亡した事案

    遺族の悲しみを丁寧に立証し、慰謝料を中心に大幅な増額を実現しました。

    対応方法:訴訟
    損害認定額 約1300万円増額↗
    保険会社からの提示額
    約2500万円 →
    弁護士による訴訟対応後 約3800万円
  2. バイク事故で高次脳機能障害を負った事案

    治療中の段階からご依頼を受け、弁護士が後遺障害等級の申請を行いました。
    医師の協力を得ながら医学的資料を用いて正確に立証し、高い等級を獲得しました。

    対応方法:後遺障害等級の申請+示談交渉
    損害認定額 約8200万円増額↗
    保険会社からの提示額
    約1600万円 → 弁護士の示談交渉後 約9800万円
  3. バイク事故で高次脳機能障害を負った事案

    「過失割合に疑問がある」との相談でしたが、後遺障害等級の結果にも疑義を抱きました。 異議申立てを行って等級変更を勝ち取り、新たな等級に基づき示談交渉を行いました。

    対応方法:後遺障害等級の異議申立て+示談交渉
    損害認定額 約2700万円増額↗
    保険会社からの提示額
    約3900万円 → 弁護士の示談交渉後 約6600万円
  4. 自動車駐車中に衝突されて負傷した事案

    保険会社からは、車両損傷が軽微であるから、身体への衝撃も軽微だと主張がされました。
    事故態様の特殊性を主張し、医療記録に基づいて反論し、後遺障害等級認定を受けました。

    対応方法:後遺障害等級の申請+示談交渉
    損害認定額 約250万円増額↗
    保険会社からの提示額
    約290万円 → 弁護士の示談交渉後 約540万円
  5. 自動車運転中に追突されて負傷した事案

    「後遺障害14級の結果に納得できない」とのご相談を受け、異議申立てをしました。
    医療記録を精査して、事故と負傷の因果関係を立証し、後遺障害11級の認定を得ました。

    対応方法:後遺傷害等級の異議申立て+示談交渉
    損害認定額 約930万円増額↗
    保険会社からの提示額
    約200万円 → 弁護士の示談交渉後 約1130万円
  6. バイクで走行中に衝突されて負傷した事案

    「賠償金額が適正か判断してほしい」とのご相談を受け、弁護士が内容を精査しました。
    保険会社が逸失利益を非常に低く算定していることが判明し、弁護士が交渉を行いました。

    対応方法:示談交渉
    損害認定額 約2140万円増額↗
    保険会社からの提示額
    約960万円 → 弁護士の示談交渉後 約3100万円
  7. 自転車で走行中に衝突されて負傷した事案

    後遺障害等級非該当の結果に対し、医療照会等で資料収集した上で異議申立てしました。
    また、スポーツを断念した精神的苦痛により、裁判基準を上回る損害額の認定を得ました。

    対応方法:後遺傷害等級の異議申立て+示談交渉
    損害認定額 約300万円増額↗
    保険会社からの提示額
    約200万円 → 弁護士の示談交渉後 約500万円

初回相談料0円着手金原則0円成功報酬制

相談料・着手金は無料です。お気軽にお問い合わせください。

弁護士法人グレイス
0120-920-746
LINE
相談予約
お問合せ
フォーム

適切な損害賠償獲得までの
手続の流れ

弁護士法人グレイスは、事故直後・治療段階から事故被害者の皆様をサポートしています。交通事故事件について豊富な経験を有するからこそ、交渉・訴訟以前の段階からさまざまなサポートを行うことができます。保険会社のいいなりになることなく、本当に事故被害者のためになる処理方法を提案いたします。保険会社とどのように対応するべきか、どのような検査を受けるべきか、どの保険を活用するべきか、後遺障害等級申請の結果が妥当であるかなど、交通事故事件に特化してきた弁護士としてのノウハウがあるからこそ、納得の解決への道筋を示すことができます。

  • 事故発生

  • 治療・通院

    グレイスのサポート範囲
  • 症状固定前の
    検査

  • 診断書作成

  • 後遺障害
    等級認定

  • 損害賠償額
    提示

    他事務所のサポート範囲
  • 示談交渉

  • 裁判

  • 適切な額の
    賠償金獲得

後遺障害等級認定に対する
異議申立て

車椅子

交通事故事件における賠償金獲得においては、後遺障害等級が大きな役割を果たします。等級が1つ変わるだけで逸失利益や慰謝料の金額が大きく変わります。納得のいく解決のためには、適切な後遺傷害等級の認定を受けることが不可欠です。
そのため、弁護士法人グレイスでは、納得のいかない後遺障害等級の認定結果に対しては、異議申立てをすることをおすすめしています
異議申てをするためには、後遺障害等級の認定結果を分析して、再度の申立てにおいて何を補充すべきかを検討します。追加検査の受診のお願い、医療記録の収集、医師に対する医療照会書の作成や医師からのヒアリングなど、これまでの経験に照らして必要な準備を行います。

直接面会が難しい方のために
オンライン対応が可能

  • WEB面談相談、電話相談による遠隔対応

    弁護士法人グレイスでは、オンライン対応を実施しています。
    交通事故に特化した弁護士として、広く交通事故被害者の皆様のお役に立ちたいという思いから、電話相談及びWEB会議相談を可能にする体制を構築することによって、ご相談者の場所を問わずに相談対応しています。

  • 示談交渉、裁判も遠隔対応可能

    交通事故事件の多くは保険会社との示談交渉によって行われます。この交渉はすべて電話で行われるため、どの地域の交通事故事件でも対応することが可能です。また、裁判に移行した場合であっても、電話会議裁判を利用することで出頭は最小限に抑えられます※。

    ※日本の裁判の多くは書面で進行するため、電話会議裁判を利用することによる不利はありません。証人尋問が行われる場合など必要な場合には遠方であっても裁判所に出頭します。

  • 交通事故事件に特化した弁護士にご相談ください

    交通事故事件は医療知識や後遺障害等級申請に関する知識が不可欠である特殊な分野です。法律知識を有しているだけでなく、交通事故事件に関する豊富な経験と実績がある弁護士法人グレイスにぜひご相談ください。

Q&A
よくある質問

  1. なぜ弁護士に任せると賠償金額が増額されるの?

    • 保険会社の賠償金算定基準

      保険のイメージ

      賠償金額の算定基準は、「裁判基準」、「任意保険基準」、「自賠責保険基準」の3つがあります。
      保険会社が提示する賠償金額は、多くの場合に最も低い「自賠責保険基準」で算定されています。保険会社はあくまでも営利企業であるため、賠償金として支払う金額をなるべく抑制したいと考えるのでしょう。
      また、仮に被害者自身が保険会社に対して交渉を試みても、保険会社は2番目の「任意保険基準」による金額を提示してきます。被害者自身が交渉している段階では、裁判を起こされなる可能性が高くありません。そのため、保険会社としては、最も高い算定基準である「裁判基準」による賠償金を提示する動機がないのです。

    • 弁護士の賠償金算定基準

      弁護士のイメージ

      弁護士に依頼をしていただければ、最も高い賠償金算定基準である「裁判基準」で交渉を行うことができます。なぜなら、弁護士に委任した段階であれば、裁判を起こすことは容易であるためです。すなわち、弁護士であれば、保険会社に対して、仮に「裁判基準」での交渉に応じないならばすぐに裁判に移行するという圧力をかけることができるのです。 そのため、弁護士であれば、裁判に至る前の段階から「裁判基準」を用いて保険会社と交渉をすることができ、多くの場合において、被害者ご自身が保険会社と交渉を行うよりも高い賠償金を獲得することができるのです。

  2. なぜ依頼する弁護士を慎重に選ぶべきなの?

    • 交通事故分野の解決には医療・保険・後遺障害に関する知識が不可欠

      法律のイメージ

      交通事故事件は、弁護士の業務の中でも特殊な知識を必要とする分野です。納得の解決をするためには、法律知識に限らず、広く医療・保険・後遺障害に関する知識が不可欠です。
      適正な賠償金を獲得するためには、事故直後の治療段階から入念な準備をする必要があります。事故の影響を証拠として残すためにどのような検査を受けておくべきか、どの保険を利用して治療を受けるべきか、後遺障害の申請結果は妥当なものであるかなど、交通事故事件においては他の分野では出てこない多くの論点に対して、適切な回答を示すことができる必要があります。しかし、このような知識は法律に関するものとは異なるため、弁護士であれば誰でもが有している知識ではありません。

    • 被害者側弁護士としての豊富な解決実績が不可欠

      車のイメージ

      弁護士法人グレイスは、特化部署「事故・傷害部」を設け、交通事故被害者の救済に注力しています。年間約100件の交通事故事件を取り扱い、交通事故事件分野に特有の知識・経験を豊富に蓄積しています
      保険会社から賠償金の提示を受けた後の段階でのご相談のみならず、事故直後の治療中の段階から積極的にサポートするスタイルが特長です。後遺障害申請やその後の交渉・訴訟を見据えてなるべく早い段階からサポートに入り、純粋な法律事項に限らないさまざまサポートを行っています。この取組みにより、多くの交通事故事件において、適正な賠償金額獲得を実現しています。

  3. なぜ弁護士に任せても持ち出しの費用負担がないの?

    • 弁護士費用特約・成功報酬制

      握手のイメージ

      ご自身が加入している保険に弁護士費用特約が付帯している場合、保険会社が弁護士費用を負担してくれます(上限300万円。弁護士費用が300万円を超えることはほとんどありません。)。そのため、弁護士費用の負担なく、相手方の保険会社との交渉を弁護士に任せることができます。
      また、仮にご自身の加入している保険に弁護士費用特約が付帯していなかった場合でも、弁護士法人グレイスは成功報酬制の料金設定を採用しているので、賠償金が入金されるまで弁護士費用の支払いは発生しません。弁護士費用の支払いは賠償金を獲得した後でよいため、「お金がないから弁護士に依頼できない」という事態は発生しません。

    • 弁護士の交渉によって賠償金が増額される

      弁護士のイメージ

      保険会社は、交通事故被害者に対する賠償金の支払い額をなるべく低い金額で合意しようとします。これに対して、弁護士が間に入って交渉を行えば、裁判を視野に入れた交渉ができるため、高額の賠償金を獲得することができます。この交渉により、数百万円、あるいは数千万円の増額を実現することができるケースもあります。
      多くの事案において、弁護士に委任することなく保険会社の提示する賠償金を受領した場合に比べて、弁護士に委任をして弁護士費用を差し引いても、被害者の手元に入る金額は増額します。そのため、交通事故被害に遭った場合、弁護士費用の支払いが発生してもなお、弁護士に委任をする方が経済的に正しい選択であるといえます。

初回相談料0円着手金原則0円成功報酬制

相談料・着手金は無料です。お気軽にお問い合わせください。

弁護士法人グレイス
0120-920-746
LINE
相談予約
お問合せ
フォーム

弁護士紹介

  • 弁護士/事故・傷害部部長
    永渕 友也
    東京弁護士会
  • 弁護士/事故・傷害部
    林田 芳弘
    鹿児島弁護士会
  • 弁護士/事故・傷害部
    狩野 優理子
    東京弁護士会

事務所紹介

弁護士法人グレイス

弁護士法人グレイス 集合写真

弁護士法人グレイスは、「事故・傷害部」、「企業法務部」、「家事部」という分野特化の事業部を擁して、特定の分野に集中してサービスを提供しています
「事故・傷害部」は、各種事故に関する事件を解決しています。交通事故事件をはじめ、医療事故やスポーツ事故など事故・傷害一般を取り扱っています。医療・保険・後遺障害に関する幅広い知識と経験で、クライアントのために最良を尽くします。

  • 東京事務所

    〒105-0012
    東京都港区芝大門1丁目1-35
    サンセルモ大門ビル4階
  • 神戸事務所

    〒651-0088
    兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
    第百生命神戸三宮ビル2階
  • 福岡事務所

    〒812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12-15
    BMBインターシティ 4階
  • 熊本事務所

    〒860-0801
    熊本県熊本市中央区安政町8-16
    村瀬海運ビル4階
  • 鹿児島事務所

    〒890-0046
    鹿児島市西田2丁目27-32
    TYビル 4-7F

初回相談料0円着手金原則0円成功報酬制

相談料・着手金は無料です。お気軽にお問い合わせください。

弁護士法人グレイス
0120-920-746
LINE
相談予約
お問合せ
フォーム

弁護士費用

法律相談料

法律相談料(交通事故などの人身事故) 初回相談無料

※2回目以降のご相談は、30分あたり5,000円(税抜)

着手金

着手金 原則0円

※事案によっては着手金が発生する場合があります。

報酬金

ご相談時に既に保険会社からの提示がある場合
報酬金15万円(税抜)+保険会社の提示額からの増額分の20~30%
ご相談時に未だ保険会社からの提示がない場合

報酬金15万円(税抜)+獲得金額の10%

※訴訟に移行した場合、上記に加えて別途15万円(税抜)をいただきます。

お問合せフォーム

    相談者のお名前
    電話番号
    メールアドレス
    事故に遭われた日
    事故に遭われた方のお名前
    事故の種類について 交通事故(自身が乗車中)交通事故(自身が歩行中)医療過誤介護事故傷害その他
    過失割合について
    治療に使用している保険 相手方の保険自身が加入している保険自身の健康保険労災(労働者災害補償保険)不明その他
    通院について(整形外科) 週1~2回週3~4回通院歴なしその他
    通院について(整骨院など) 週1~2回週3~4回通院歴なしその他
    ご自身が加入している保険に
    弁護士費用特約はついていますか?
    ついているついていない保険に加入していない
    今のお困りごとをお聞かせください。
    複数回答可
    賠償金・休業損害(適正額を知りたい、交渉してほしいなど)治療費(打ち切られた、支払ってもらえないなど)相手方対応(対応が悪い・交渉してほしいなど後遺障害申請(流れをしりたい・申請結果に不服があるなど)その他
    ご相談希望日時(第一候補)
    ご相談希望日時(第ニ候補)
    ご希望相談方法 オンライン面談(テレビ会議)電話相談来所面談

    個人情報保護方針

    弁護士法人グレイス(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理

    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    個人情報の利用目的

    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止

    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

    • お客さまの同意がある場合
    • お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    • 法令に基づき開示することが必要である場合

    個人情報の安全対策

    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ご本人の照会

    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    法令、規範の遵守と見直し

    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    お問い合せ

    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    弁護士法人グレイス 東京事務所
    〒105-0012
    東京都港区芝大門1丁目1-35 サンセルモ大門ビル4階
    TEL:0120-920-746

    初回相談料0円着手金原則0円成功報酬制

    相談料・着手金は無料です。お気軽にお問い合わせください。

    弁護士法人グレイス
    0120-920-746
    LINE
    相談予約
    お問合せ
    フォーム